LOADING

  • 2020/09/07

    優先順位は大事だよ

      

    Category:CULTURE/DESIGN/HOLONIC/WEB

    • システム構築
    • デザイン
    • ビビんなよ
    • プライオリティ
    • 上手な仕事
    こんにちわ、こんばんわ
    株式会社ホロニックのブログです。
    今回は仕事上での優先順位について考えたいと思います。

    複数タスクの日常

    どんな業種の方でも、同時に複数のタスクを抱える事が常だと思います。
    我々の業種は特に締め切りがあるお仕事ですので
    1ヶ月などの短いスパンで複数のタスク(案件)を抱えることになります。
    さらに、予め入っていた予定に、修正対応や緊急対処などが突発的にやってきます。
    これが私たちのスケジュールを狂わせます。
    とはいえ、その都度、優先順位をつけ、処理しながら、締め切りも死守していかなければなりません。
    上手にやりくりできないと、徹夜もしくは、締め切りに間に合わないといった「事故」が起きたりします。
    また、その「事故」を他人のせいにしたり、会社のせいにしたり、自分を卑下したり、、、
    心が病むことの直接的な原因になったりもします。
    • 99.jpg

    自分以外のスケジュール管理

    当然、上記のような事象が会社の部下、外注先などでも頻繁に起こります。
    コントロールする側としては、ツールやコミュニケーションなどで把握し、
    時には調整やアドバイスなどで対応していきます。
    ですが、個人個人が抱える細かいところまでは、どうしても手が届きませんので、
    そこは個人に委ねる形になってしまいます。
    たくさんの人たちと関わって仕事をしてきた経験からいうと、
    良い仕事をする方は、優先順位をつけるのが上手いと感じます。
    複数タスクに適切な優先順位をつけ「混乱せず」「ふて腐れず」「ニッコリ」遂行できる事を
    私は「仕事が上手な人」の目安としています|・ω・*)チラ

    ちなみに私が20代の時は「叫ぶ」「喚く」「しかめっツラ」のオンパレードだった気がします。。
    • スクリーンショット 2020-09-07 10.37.00.png

    取捨選択における優先順位

    複数タスクと同様に、頻繁に訪れるのが、取捨選択における優先順位をつける事です。
    これは、主にクライアントとのやりとりの中で発生し、
    特に主観が入りやすい、デザイン作成や多機能なウェブ構築の際に頻発します。
    例えば、
    『アノ情報もコノ情報も目立たせたい』
    『アノ機能も必要、コノ機能も必要、運用はシンプルに』
    『アノ部署の意見も、コノ部署も意見も、部長の意見も、、、、』
    といった、実に日本的?な事態に出くわします。





    全部はムリです。
    社内のパワーバランスや、リスク回避、個人的な想い、、、、、わかります。充分理解してます。

    でも、全部はムリです。
    だって、全部目立たせたら、全部目立たなくなりますよね?
    多機能になったら、運用はやることが多くなるじゃないですか?
    全部盛り込むことは否定しません。(らーめんも全部入りが美味しいですし、、)
    優先順位はつけましょ!いや、つけるべきです。

    • Yamasha181026124_TP_V.jpg

    優先順位をつけた上でバランスをとること

    優れたデザイン、機能的で使いやすいシステムなどは
    多くの人に愛される一方、必ず否定的な意見もあります。

    日常的に使ってるアプリ、お気に入りの服、愛おしいネコにだって
    あの機能もあれば、素材がこうだったら、お話できらた、、と思う時もありますよね?
    でも、その「もう少し」を満たしたら、どうでしょう?
    多機能すぎて、、なんか安っぽい、、ウゼーな、、となるのでは?

    目的、見る人、使う人、時勢などを踏まえ、最適なバランスが実現できたモノに
    人は心が動き、愛着が生まれるのではないでしょうか。

    対象をひろげすぎて、アレもコレも詰めこみ
    リスクも少なく、みんな幸せ、丸くおさまる。
    そんな考えの元作られたものが多くなっている気がします。
    買う側、使う側に立ったとき、「何か」もの足りなさを感じた事ありませんか?
    それは優先順位を付けない「平均化」にあるのでは?なんて思ってしまいます。

    リスク回避もほどほどに

    今、仕事をしていて感じるのはリスク回避を最優先する方が大多数だということ。
    作る側も例外ではありません。
    ここで言うリスク回避は、「優先順位をつける」「取捨選択をする」ということを曖昧にし、
    議論や摩擦を避ける姿勢を指しています。
    それは、確かに面倒だし、厄介なことになる可能性もあるし、エネルギー(情熱)も費やします。 それでも、我々のような職業に携わる人間は
    優先順位をつけることにビビッたり、諦めたりしてはいけないと思っています。
    そこには常に、責任問題、非効率的な労働、批判などなどが、付き纏いますが、
    それも楽しむぐらいの気持ちで励みたいと思ってます。

    では、また。
  • Category
    HOLONIC(5)
    DESIGN(5)
    WEB(6)
    SYSTEM(1)
    HOBBY(2)
    CULTURE(6)
    月別Arcive
    2020/09 (2)
    2020/08 (5)
    2020/07 (4)
    Tag list