LOADING

  • 2020/08/12

    テレビ、みてますか?

      

    Category:CULTURE/HOBBY

    • スポーツ中継
    • テレビ
    • 好きな番組もある
    • 音楽
    こんにちわ。こんばんわ。
    株式会社ホロニックのブログです。
    今回はテレビについて考えてみました。

    テレビに触れる

    今、私はウチで過ごす時間が増えてますね。そういう方も多いと思います。

    仕事を終えた後、基本的にはお酒を飲みダラダラするのですが、
    習慣的にテレビをつけます。(昭和世代、丸出し。。)
    ざっくりとこの20年ぐらいもの間、18時〜21時ぐらいの時間って、ほぼウチにいなかったので
    平日のゴールデンタイム?にテレビをみる事は皆無でした。
    なので新鮮な感じがするんです。が、、
    • airbGFVL3492_TP_V.jpg

    テレビみてる人、減ってる説

    "若者のテレビ離れ"とよく聞きます。
    若者でなくても、ネットで動画とか、SNSとか、その辺に時間を使ってますよね。

    でも、ほんとにそうなのか?
    データ的には、20,30代男性の約4割は、1日の中でほとんどテレビをみないそうです。
    確実に減ってるようですね。
    でも、あれほど動画サイトにテレビ録画が上がっているのをみると、
    『番組自体』はみてる人は多いのかなぁ〜と思うんですよね。

    テレビの役割、変えない?

    5年ぐらい前かな、某ホリ○モンが何かで言ってた記憶があります。
    『テレビはスポーツ中継と、音楽番組と、ドキュメンタリーだけで良い』
    (記憶は確かではございませんので、間違ってる場合はご容赦ください)

    でも、こんな時期だからしょうがない部分もたくさんあるのは承知ですが、
    再放送とか、似たような番組とか、日本のスバラシサとか、ネット動画を流すだけとか、、、、

    誰に向けて発信してるの?(*`▽´*)

    こんな時期だからこそ、無観客で行われてるスポーツ中継とか、
    ライブができてないアーティストの生歌とか、
    自分の人生をみなおすキッカケになるようなドキュメンタリーとか、

    そんなのをやるべきじゃない?
    そのほうが世の中の役にたつんじゃない?
    社会的価値も上がるんじゃない?


    私は今更ながら、某ホリ○モンに大賛成なわけですよ!

    テレビの今後に期待

    テレビ好きな人も、ほとんどみない人も、いろんな意見があるでしょう。
    何が正解かなんて誰にもわかりません。
    衰えたとはいえ、今でも、テレビの影響力は健在なのも事実です。

    コロナの影響で全ての業界・職種が変わっていくのは間違い無いでしょう。
    テレビも視聴者や出演者の意見をふんだんに取り入れることで、
    バージョンアップができるのはないでしょうか。(なに目線!!?)

    私たちも、この時勢をせっかくの機会と捉えて(逆にチャンス思考!)
    バージョンアップして、世の中の役にたてるようにしていきたいと、
    切に切に、想っています! 
    では、また。
  • Category
    HOLONIC(2)
    DESIGN(3)
    WEB(4)
    SYSTEM(1)
    HOBBY(2)
    CULTURE(4)
    月別Arcive
    2020/08 (4)
    2020/07 (4)
    Tag list